トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

現役メンバー のバックアップの現在との差分(No.13)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#norelated
上野研究室 構成員(2008年度)
上野研究室 構成員(2019年度)

・准教授 上野 啓司 博士(理学)&br;
・教授 上野 啓司 博士(理学)&br;
・Researcher ID: [[B-2741-2012:http://www.researcherid.com/rid/B-2741-2012]]~
・ORCID: [[orcid.org/0000-0002-5535-9382:https://orcid.org/0000-0002-5535-9382]]~
--[[履歴]]
--[[自己紹介]]
--[[所有PCなど]]
----
・研究員 小野木 亮 博士(理学)&br;
2019(平成31)年度
//----
//・博士前期課程2年 五十嵐 玲太(本所属は機能材料工学コース)~
//--修論題目:「原子層薄膜のCVD成長と電界効果トランジスターへの応用」~
//
//・博士前期課程2年 池田 幸弘~
//--修論題目:「原子層堆積法による層状遷移金属ダイカルコゲナイド薄膜の形成」~
//
//・博士前期課程2年 堀井 嵩斗~
//--修論題目:「二セレン化モリブデン/金属接合状態の解明と制御」~
----
・修士2年 武林 聡子&br;
--研究テーマ:陽極酸化Ta&subsc{2};O&subsc{5};ゲート基板上への低電圧駆動両極動作有機FETの形成
・博士前期課程2年 赤根 大介~
--研究課題 「層状錫カルコゲナイドの素子応用」~

・修士1年 石川 良&br;
--研究テーマ:ステップバンチSi(111)基板を用いた有機太陽電池作製
--卒論題目:ジアセチレン誘導体ポリマー薄膜の角度分解紫外光電子分光法による評価
・博士前期課程2年 近野 健人~
--研究課題 「層状Inカルコゲナイドの成膜と応用」~

・修士1年 菅沼 洸一&br;
--研究テーマ:層状物質を利用した有機FET
--卒論題目:マイカゲート基板の表面処理によるn型有機FETの動作特性改善
・博士前期課程2年 町田 葉祐~
--研究課題 「不活性表面を用いた位置制御ALD成長」~

・修士1年 吉田 雅史&br;
--研究テーマ:単層グラフェン薄膜の形成と素子応用
--卒論題目:化学的薄片剥離法による単層グラフェンの生成と透明電極への応用
----
・学部4年 加藤 彰悟(遷移金属ダイカルコゲナイドの単層劈開・積層)&br;
・学部4年 中山 真一(インプリンティング法による高効率有機太陽電池)&br;
・学部4年 福島 宏幸(グラフェン薄膜形成と電子分光法による評価)&br;
・学部4年 渡辺 俊一郎(Ta&subsc{2};O&subsc{5};ゲート基板上への塗布型両極FET形成)&br;
・博士前期課程1年 井上 敬道~
--卒研課題 「TMDCエピタキシャル薄膜のALD成長」~

・博士前期課程1年 小野 悠太朗~
--卒研課題 「MoTe&subsc{2};ガスセンサーの層数依存性」~

・博士前期課程1年 森 拓哉~
--卒研課題 「β相MoTe&subsc{2};の大型単結晶合成」~
----
・学部4年 齋藤 修士~
・学部4年 志田 知洋~
・学部4年 山田 真矢~

----
・その他の研究課題
--傾斜方向制御によるステップバンチ表面への周期的キンク導入
--角度分解電子分光装置用電子銃の作製・試料冷却装置の取り付け
--層状カルコゲナイド薄膜のMBE成長と素子応用
--前駆体塗布膜カルコゲン化によるMCh&subsc{2};薄膜形成
--pn特性が制御されたMCh&subsc{2};単結晶形成とデバイス応用
--新規構造Si/PEDOT:PSSヘテロ接合太陽電池
--表面終端法改良による有機高分子/Siヘテロ接合太陽電池の高効率化
--酸化グラフェンの複合材料応用

などを予定しています。
----
CENTER:&ref(MenuBar/UenoLab2.gif,nolink,50%,本サイトロゴ);&br;