トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

解説論文・紀要

Last-modified: 2016-11-21 (月) 09:19:34 (331d)
Top / 解説論文・紀要

解説論文

  1. 「選択成長による分子性結晶ナノ構造の形成」
    • 上野啓司,島田敏宏,小間 篤
    • 表面科学 第19巻(1998年) 第1号 14-20
  2. 「表面を選ぶサッカーボール」
    • 上野啓司
    • パリティ 1998年11月号 47-50
  3. 「異種原子終端Si基板上でのフラーレン分子のエピタキシー」
    • 上野啓司
    • 信学技報 Vol. 100 No. 245 (2000) 51-56
  4. 「層状物質基板」
    • 上野啓司,小間 篤
    • 表面科学 第21巻(2000年) 第11号 716-723
  5. 「表面不活性基板を利用した有機・無機ナノ構造の形成」
    • 上野啓司,小間 篤
    • 日本結晶成長学会誌 Vol. 28 No. 3 (2001) 46-55
  6. 「表面不活性化シリコン基板上における異方的有機薄膜成長」
    • 上野啓司,斉木幸一朗,小間篤
    • 応用物理 Vol. 72 No. 3 (2003) 322-326
  7. 「グラフェンの可溶化技術と透明導電膜への応用」
    • 上野啓司
    • 月刊ディスプレイ Vol. 15 No. 8 (2009) 15-22
    • (韓国Display誌2009年10月号に翻訳掲載されました)
  8. 「単層グラフェンの化学的剥離形成と透明電極応用」
    • 上野 啓司,菅沼 洸一,吉田 雅史
    • 応用物理学会 応用電子物性分科会会誌 第15巻 第3号 (2009) 103-108
  9. 「グラフェンの化学的手法による作製と 有機半導体素子への応用」
    • 上野啓司
    • Journal of the Vacuum Society of Japan 53 (2010) 73-79
  10. 「化学的単層剥離・可溶化したグラフェンの有機半導体薄膜素子への応用」
    • 上野啓司
    • 応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌 Vol. 21 No. 2 (2010) 109-114 
  11. 「化学的単層剥離によるグラフェン薄膜の形成と有機半導体素子への応用」
    • 上野啓司
    • 未来材料 2010年9月号 25-31
  12. 「グラフェンの可溶化及び薄膜塗布技術」
    • 上野啓司
    • 月刊MATERIAL STAGE(技術情報協会)第11巻第2号 (2011) 60-64
  13. 「グラフェン透明導電膜の化学的塗布形成と応用」
    • 上野啓司
    • 月刊ディスプレイ Vol. 18 No. 1 (2012) 67-72
  14. 「グラフェンの太陽電池応用」
    • 上野啓司
    • 接着の技術 Vol. 32 No. 1 (2012) 7-13
  15. 「グラファイトの化学的単層剥離と可溶化によるグラフェン塗布膜形成」
    • 上野啓司,白井 肇
    • 触媒 Vol. 54 No. 6 (2012) 392-397
  16. 「グラフェン等単層剥離層状物質の作製と応用」
    • 上野啓司
    • 鉱山 第65巻第10号 (2012) 23-33.
  17. 「グラフェンの透明電極・有機薄膜素子への応用」
    • 上野啓司
    • OPTRONICS No. 374 (2013) 80-86.
  18. 「グラフェンの可溶化技術と透明導電膜への応用」
    • 上野啓司
    • 研究開発リーダー 2013年3月号 8-17.
  19. 「酸化グラフェンの太陽電池基盤材料としての応用と将来展望」
  20. 「可溶化グラフェン塗布膜の形成と応用」
  21. 「原子層エレクトロニクスに向けたカルコゲナイド系層状物質の基礎物性と薄膜形成手法」
  22. 「塗布グラフェン電極を用いた有機/無機ハイブリッドCMOS素子の形成」
    • 菅沼洸一,白井肇,上野啓司
    • 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol.135 No.2 (2015) 156-159
    • 学会誌リンクはこちら
  23. 「酸化グラフェンを利用した透明導電性塗布膜」

紀要

  • 題名にリンクが張ってある論文は,リンク先から本文pdfファイルをダウンロードすることができます。

  1. “NEXAFS observation of the in-plane anisotropic polymerization of a long-chain diacetylene derivative Langmuir-Blodgett film”
    • R. Onoki, K. Ueno, H. Nakahara, G. Yoshikawa, S. Ikeda, S. Entani, T. Miyadera, I. Nakai, H. Kondoh, T. Ohta, M. Kiguchi, K. Saiki
    • Photon Factory Activity Report 2005 #23 Part B (2006) 53 (7A/2003G259)
  2. “Polarized NEXAFS observation of the in-plane anisotropy in a highly oriented poly(3-alkylthiophene) thin film”
    • R. Onoki, G. Yoshikawa, Y. Tsuruma, S. Ikeda, K. Saiki, H. Nakahara, K. Ueno
    • Photon Factory Activity Report 2006 #24 Part B (2007) 150 (11B/2006G103)
  3. 「溶液系の有機デバイス作製技術検討」
    • 上野啓司,小野木亮,高橋新,森朋彦
    • 埼玉大学地域共同研究センター紀要 第7号(2006年度)49-52(2007年7月)
  4. 「グラフェン(カーボンナノフィルム(CNF))の応用研究」
    • 上野啓司,後藤拓也
    • 埼玉大学地域オープンイノベーションセンター紀要 第2号(2009年度)32-38(2010年7月)

その他

  1. 取材記事掲載
    • 研究マネー事情(1)「偏る配分 狭まる「すそ野」」にコメントと写真掲載
    • 読売新聞 2008年3月16日(日)
  2. インタビューコメント掲載
    • 解説記事「実用化競争に入ったグラフェン,「神の材料」の応用例が続々」中に研究成果と共に掲載
    • 日経エレクトロニクス 2010年12月27日号
  3. 記事作成協力
    • 「完全保存版:これをみれば応物が分かる」のナノカーボン領域に掲載する研究を推薦
    • 応用物理 Vol. 83 No. 8 (2014) 642
  4. 記事作成協力
    • 「速報:講演会レポート② 編集委員・外部記者が見た! 2015年秋季学術講演会」にレポート執筆
    • 応用物理 Vol. 84 No. 11 (2015) 958
  5. 新聞記事掲載
    • 「同一元素で金属/半導体 東北大など,作り分け成功」
    • 化学工業日報 2016年11月16日(水)
  6. 新聞記事掲載
    • 「東北大,東工大,埼玉大の研究グループ 正八面体構造のセレン化ニオブ原子層薄膜作製成功」
    • 科学新聞 2016年11月18日(金)